歯周病治療

歯周病ってどんな病気?

歯周病は読んで字のごとく「歯の周りの病気」です。歯を支える歯肉や歯槽骨の組織をじわじわと破壊する歯周病は「静かなる病気」と言われるほど気が付きにくい病気です。気がついた時には意外に進行しているケースが多く、成人の歯の抜ける原因として歯周病によるものが増えています。

どんな症状が見られますか?

  1. 歯がムズがゆい感じがする
  2. 歯と歯肉の接しているところが赤く腫れる
  3. 歯を磨いた時に出血がみられる
  4. 歯肉から膿が出る
  5. 口臭が気になる
  6. 唾液がネバネバする
  7. 朝起きた時に口の中が気持ち悪い
  8. 食べ物が噛みづらくなる

歯周病の進行

【歯肉炎】
  • 歯の周りにプラークが付いています。
  • 歯肉に炎症が起こり、歯肉が赤くなったり出血したりします。
  • ブラッシングにより改善される段階です。
【軽度歯周炎】
  • 歯の周りに歯石が付いています。
  • 歯を支える骨(歯槽骨)が溶け出し、歯を磨くと出血が見られたりします。
  • できるだけ早く歯科医院で歯周病の治療を受けましょう。
【中等度歯周炎】
  • 歯槽骨の溶け出す量が増え、歯が動くようになります。
  • 膿が出ることもあり、口臭が気になってきます。
  • 外科処置が必要となってきます。
【重度歯周炎
  • 硬い物が噛めなくなります。
  • 歯がグラグラになり、やがては抜けてしまいます。
  • 口臭はよりきつくなります。

歯周病の治療はどのように行われるの?

● 早期発見・早期治療が決め手!

まず綿密な診察を行って病気の実態を調べ、原因を明確にした後、治療に移ります。治療の内容は症状や進行の程度により決められますが、通常次のような治療が行われます。

  1. プラークコントロール
    (歯の周りに付着したプラークを取り除く)
  2. スケーリング、スケーリング・ルートプレーニング
    (歯垢の除去および病的歯根面の清掃)
  3. 歯周ポケット掻爬
  4. 歯周外科手術
  5. 再生治療
    1980年以降、新しい研究の成果として失われた歯周組織をよみがえらせる再生治療が開発されました。 歯周病の手術に特殊な材料を併用することで、歯周病で破壊された組織を再生させる方法です。 具体的には、GTRメンブレンあるいはエナメルマトリックスデリバディブという材料を用います。いずれも、医療用として欧米諸国で広く使われている安全な材料です。 穂積歯科医院では、いずれの材料を用いた再生治療も行っています。

    (資料提供:生化学工業株式会社

  6. 保存不可能な歯は抜歯し、義歯などを入れる

歯周病の治療が終わった後は?

再発の防止や進行の予防には生活習慣の改善が重要です。歯科医師や歯科衛生士から受けた指導や注意を守って、再発を防ぎましょう。特にブラッシングは重要で効果的です。定期的な検診を行いましょう。

光殺菌治療について

光殺菌治療とは、感染部分に光感受性物質を注入し、特定の波長の光を照射することで殺菌する安全な治療法です。
医療の分野では光やレーザーを用いての光力学療法が、肺・食堂・胃・子宮頸部などの早期がんに対して20年以上前から行われています。


歯科での光殺菌治療

歯科では数年前から欧米を中心に行われています。
薬を使わない、体に優しい安全な治療法として急速に普及しています。

光感受性物質とは

リボフラビン(Riboflavin)はビタミンB2、ラクトフラビンとも呼ばれる水溶性のビタミンです。味噌・粉ミルク・マーガリン等の食品にも使われている物なので体への負担が全くありません。
このリボフラビンに光をあてることで、「活性酸素」が大量に発生し、細胞を破壊して強い殺菌効果を発揮します。

光殺菌が有効な治療

歯周病・歯肉炎・根管治療・虫歯・インプラント周囲炎・ヘルペス・インプラントの定期健診・矯正治療中のメンテナンスの際の予防的治療等、細菌が引き起こす様々な歯の病気の治療に有効です。


光殺菌のメリット

  • ◯ 治療に痛みがない
  • ◯ 麻酔の必要がない
  • ◯ あらゆる細菌に効果を示す
  • ◯ 抗生物質を使用しないため、薬に対する耐性菌が発生しない
  • ◯ 副作用がなく、繰り返し治療に使用できる
  • ◯ 光殺菌に使うジェル&リキッドはビタミンB2(食品添加物)に分類されるため、飲み込んでも害がない
  • ◯ 熱くなりにくい(注:全く熱感が無い訳ではありません)

光殺菌のデメリット

  • ◯ 光過敏症の患者様には使用できない

光殺菌治療の流れ

1.感染源の除去
根の中の掃除や、根の表面の歯石の除去などの通常の治療を行い、感染源を除去します。
2.光感受性物質の注入
光感受性ジェルまたはリキッドを、根管・歯周ポケット・粘膜上に注入または塗布します。
3.光殺菌
10~30秒間照射することで光殺菌します。
4.洗浄
感受性ジェルや死滅した細菌を洗い流します。
◯治療時の注意点
※光過敏症の患者さまには利用できません
※光を直接見ないようご配慮ください
※使用時は遮光グラスの使用をお勧めします

▲ページの先頭へ戻る