歯周病治療

歯周病ってどんな病気?

歯周病は読んで字のごとく「歯の周りの病気」です。歯を支える歯肉や歯槽骨の組織をじわじわと破壊する歯周病は「静かなる病気」と言われるほど気が付きにくい病気です。気がついた時には意外に進行しているケースが多く、成人の歯の抜ける原因として歯周病によるものが増えています。

どんな症状が見られますか?

  1. 歯がムズがゆい感じがする
  2. 歯と歯肉の接しているところが赤く腫れる
  3. 歯を磨いた時に出血がみられる
  4. 歯肉から膿が出る
  5. 口臭が気になる
  6. 唾液がネバネバする
  7. 朝起きた時に口の中が気持ち悪い
  8. 食べ物が噛みづらくなる

歯周病の進行

【歯肉炎】
  • 歯の周りにプラークが付いています。
  • 歯肉に炎症が起こり、歯肉が赤くなったり出血したりします。
  • ブラッシングにより改善される段階です。
【軽度歯周炎】
  • 歯の周りに歯石が付いています。
  • 歯を支える骨(歯槽骨)が溶け出し、歯を磨くと出血が見られたりします。
  • できるだけ早く歯科医院で歯周病の治療を受けましょう。
【中等度歯周炎】
  • 歯槽骨の溶け出す量が増え、歯が動くようになります。
  • 膿が出ることもあり、口臭が気になってきます。
  • 外科処置が必要となってきます。
【重度歯周炎
  • 硬い物が噛めなくなります。
  • 歯がグラグラになり、やがては抜けてしまいます。
  • 口臭はよりきつくなります。

歯周病の治療はどのように行われるの?

● 早期発見・早期治療が決め手!

まず綿密な診察を行って病気の実態を調べ、原因を明確にした後、治療に移ります。治療の内容は症状や進行の程度により決められますが、通常次のような治療が行われます。

  1. プラークコントロール
    (歯の周りに付着したプラークを取り除く)
  2. スケーリング、スケーリング・ルートプレーニング
    (歯垢の除去および病的歯根面の清掃)
  3. 歯周ポケット掻爬
  4. 歯周外科手術
  5. 再生治療
    1980年以降、新しい研究の成果として失われた歯周組織をよみがえらせる再生治療が開発されました。 歯周病の手術に特殊な材料を併用することで、歯周病で破壊された組織を再生させる方法です。 具体的には、GTRメンブレンあるいはエナメルマトリックスデリバディブという材料を用います。いずれも、医療用として欧米諸国で広く使われている安全な材料です。 穂積歯科医院では、いずれの材料を用いた再生治療も行っています。

    (資料提供:生化学工業株式会社

  6. 保存不可能な歯は抜歯し、義歯などを入れる

歯周病の治療が終わった後は?

再発の防止や進行の予防には生活習慣の改善が重要です。歯科医師や歯科衛生士から受けた指導や注意を守って、再発を防ぎましょう。特にブラッシングは重要で効果的です。定期的な検診を行いましょう。

▲ページの先頭へ戻る