義歯治療

義歯(入れ歯とは?)

レジン(プラスチック)でできていて、歯が1本もなくなった時に入れる総入れ歯と、数本残っている時に入れる部分入れ歯があります。

義歯の種類

● 保険適用のもの
部分入れ歯(義歯)
自分の残っている歯に金属のバネをつけて安定させる入れ歯
総入れ歯
全て歯を失ってしまった場合、歯ぐきにあたる部分がプラスチックでできた入れ歯

● 保険適用外(自費)
金属床義歯
歯ぐきにあたる部分が金属でできた入れ歯です。使用する金属はコバルトクロム、チタンなど様々な種類があり、プラスチックより薄くでき、壊れにくく、熱を伝えるので、食べ物をおいしく食べる事ができます。

ノンクラスプデンチャー
金属のバネを使わないので見た目に自然な口元になります。金属アレルギーの方も安心して使用できます。
磁性アタッチメント(磁石で留める入れ歯)
残っている自分の歯根に磁性金属(キーパー)、入れ歯側に歯科用磁石を取り付け、磁力により、ガタつきのないぴったりフィットした義歯を可能にします。
自分の歯が残っていなくても、義歯を安定させる方法もあります。詳しくは、インプラントのページをご覧ください。

▲ページの先頭へ戻る