メタルフリー治療

メタルフリー治療とは?

美しさと健康志向をより高めるため高品質の材料を、優れた技術によって作られたものを使用して行う治療です。メタル(金属)を一切使用しないので、健康的な白さが得られ、金属アレルギーの心配もありません。金属で修復する治療は見た目も悪く、一目で歯の治療をしていることが他人に分かってしまいます。しかし、セラミックによるメタルフリー治療は見た目もよく、 治療しているかどうか分からないくらい自然な色調にすることが可能です。

メタルフリーの種類について

ダイレクトボンディング
ダイレクトボンディングは特殊なプラスチック(コンポジットレジン)をお口の中で歯に直接盛って治していく方法です。数種類の色調を選択して使用するので 自然な歯に近い仕上がりになります。型取りをしないので1回の治療で仕上がりますが、歯が大きく欠けている場合などは適していません。
オールセラミック (以前、差歯にした歯が黄ばんでいる方など)
従来のセラミックはメタルにセラミックを焼き付けるタイプのものでしたが、オールセラミックは金属を使わずに、特別な人工歯質材料(セラミック)を用いて作り上げます。強度が強く色も自然に美しく作ることが出来ます。金属を一切使用しないことで、天然歯の色調、透明感を再現し、より自然な仕上がりとなります。
セラミックインレー (以前、治療した奥歯の詰め物が見えてしまう方など)
インレーとは、虫歯などで歯を削った所に詰める、詰め物のことです。インレーに使われる素材はいろいろなものがありますが、その中でもセラミックインレー は、年数によって変色することもなく強度も強く、色も自在に調整できるので、どこに詰め物があるのかわからないほど自然に仕上げることが出来ます
ハイブリットクラウン・インレー
セラミックとレジン(プラスチック)を混合した材料を用いて作ります。天然歯に近い仕上がりになりますが、年数が過ぎると着色、変色が見られます。オールセラミックに比べると艶感は劣ります。

金属アレルギーの方へ

金属アレルギーをいったん発症すると、生じた抗体は数十年経っても消失しないことがある為、慢性疾患となる恐れがあります。口腔内は唾液や細菌の関与、飲食による酸性度や温度の変化により金属イオンの溶出はとても起こりやすく、溶出した金属イオンは唾液によって飲み込まれ、簡単に体内へ吸収されてしまいます。このようなお口の中にアレルギーを引き起こしやすい物質が存在することで、今までなんともなかった方がいつ発症するかもしれません。メタルフリー治療を行うことで、このような発症を防ぐことができます。

▲ページの先頭へ戻る